子供が独立した後の夫婦の寝室をセパレート寝室にして適度な距離感をで夫婦仲を大事に!

ちょっと、怖い言葉ですが、熟年離婚という言葉があります。

ネット検索で見てみると、奥さんが旦那さんとに離婚切り出すというパターンが多く見受けられます。

中身を少しいろいろと読んでみると、旦那さんの奥さんへの愛情の表現方法であったり、奥さんへの愛情を示さない。または、奥さんの事を母親、または家政婦としての扱いをされるという事が嫌になる。

といったパターンが多いようです。

その中には、一緒の寝室で寝る時の、歯ぎしり、いびき、寝相の悪さ、あとは寝るタイミングが違う。

 

といった事も、寝室を取り巻く環境としてはあるようです。

 

夫婦の寝室の話しなのにいきなり熟年離婚の話しでびっくりされたかもしれませんが、それくらい、一緒に生活をするにしても親しき仲にも礼儀ありと言ったところでしょうか。

 

では、夫婦としてはまだ続いているけど寝室での

 

  • 歯ぎしり
  • いびき
  • 寝相の悪さ
  • 寝るタイミングが違う

 

完全に別にした時にお互いに何か合った時に、気づかないままという事や、完全に部屋を分けてしまうという事だと、夫婦間の距離が遠すぎる。

と思う方も居ます。

ではどうすればいいでしょうか?

 

答えは、

 

寝室を半分から3分の2くらい仕切りや壁を作る、もしくはクローゼットで部屋を仕切るというのがあります。または可動式の扉で仕切る

 

そういう寝室の事を

セパレート寝室

といいます。

引用:http://xn--n8jtcygs04l6qm.tokyo/kinnunnappunohouhou/okanegatamariyasukunaru/

 

人の気配そのものはあるので何か相手に異変があればすぐにその場に行けます。

 

長年連れ添ってきたからこそ、越えてはいけない距離感というのもあるのではないでしょうか。

 

それを、無理強いするというのは、相手の意思を無視するという事と感じさせてしまうというのは大いにありえます。

 

触れ合う時間、会話する時間、そして1人になれる時間というのも、人生において子供が独立した後それぞれの時間を大事にするというこのセパレート寝室という考え方は今の時代大事な事かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

今回の例では、あえて夫婦間の距離を置くという事が、逆に夫婦間の距離を縮める様になって結果より夫婦仲が良くなるという事につながっています。
なので、環境が変わったり住む人が変わったりというのは、どうしても避けられません。人は時間には逆らえませんから。
有限な生きる時間というものがあるからこそ、より良くしていく事は大事なのではないでしょうか?
今回のような、部屋の間取りの変更などのリフォームというかこの場合であれば、リノベーションとも言えるでしょう。そういった事行うのであれば、契約後に事前にVR動画を作成してくれるところもあります。
VRで確認しておけば、出来上がりの想像とのズレを出来る限り少なくしてくれるというわけですね。
技術の世界は進んでいるとはいいますが、ここまで進んでいると、本当に世の中の進歩に驚いてしまいますね。

北九州で内装工事後のお部屋をVRで体験できる【RoomBit】ルームビット

リフォームサイトとしての口コミ評価評判も高く、一度のぞいてみてはいかがでしょうか?